栗城史多

初めて知ったのは情熱大陸だった記憶

なんとなく若くてすごい登山家で、単独で登山しながら撮影して、自分が登山してる後ろ姿を撮影し終えたら、そのカメラを回収しに戻る的な苦労をエベレストとかでやってて鼻水凍らせながら泣く。を自撮り。みたいなイメージ

そのイメージのまましばらく経って番組で観たのか、YouTubeで観たのか、

服部文祥さん(サバイバル登山家)が栗城さんを完全に見下してるんです

作者の河野 啓さんは栗城さんと番組を作ろうとしていた北海道TV局員だった

密着ドキュメンタリーの仕事だったのでそれなりに長い間一緒にいらっしゃったようです

その過程で感じた栗城さんの人間性、周りの人等への取材を進める中で感じた疑問点や違和感を記しています。

過去の登山プロジェクトも懐疑的になり魅力的に写っていた栗城さんに大して別の印象の方が勝ってしまったようでした。

ネットだけではわからない、もっと詳細な栗城史多像が浮かびました

単純にミスって滑落したワケではなさそう…

要は、

1. エベレスト無酸素単独難関ルート登頂を”やってやる”とスポンサー募る

2. スポンサーを募るからには注目されなきゃと「冒険の共有」という名のインターネット中継の為に自身とプロジェクトの知名度をあげる

3. 敗退し叩かれる

この1-3を定期的にループして生活してたわけです。ループさせながら知名度を上げて講演等、次のステップを企ててたのかもしれません。

少し調べれば理解出来るんですが、

1. エベレスト無酸素単独難関ルート登頂を”やってやる”

これが絶対に無理なんですよ。服部文祥さんの動画に繋がるんですが、栗城さんの登山家としてのレベルでは絶対に無理なんです。不可能

それを「冒険の共有」という言わば共有グループみたいなものが幻想を見続けるわけです。中には気づいた人もいたと思うんですよね。「これ無理だろ」と。言えないというか言っちゃいけない雰囲気だったんでしょうね。もしかしたら?と応援してたのかもしれません。奇跡を見たい的な

自分でも理解してたとしましょう。

絶対無理な挑戦にたくさんの人からお金を出させて応援してもらう

どんな心境で登ってたんだろう

無謀な挑戦をし続けなければならない状況に栗城さん自身やスポンサーを含む取り巻きが上げていってしまったんだと。

作り上げたのは”冒険の共有”を継続し挑戦しつづけないと崩壊してしまうキャラクター(仕事)

結果追い詰められていってしまった

SNS時代の寵児はSNSに追い詰められていった。自殺だったのかは本人しか分かりません

本を読んで多数の要因を感じました。

SNS,過程環境,お母さん,お金,占い師,etc

最後の挑戦前のインタビューを受ける栗城さん

本を読んでから観るこのインタビューの寂しい事。

ご冥福をお祈りします。

 


ランニングにBeats Flex…盲点だった

Beats Flexを買った

自分なりのランニング用イヤホンの条件

・汗で耳から抜け落ちない

・ワイヤレス

・長距離走ってると耳部分に電池があるタイプは重みが気になるので首掛け

・iPhoneやApple Watch等 Apple製品との親和性が高いもの(走る前のBluetoothトラブルはテンション↘︎)

3年ぐらいBeats Xを使ってて満足してたが電池が寿命っぽく30分持たなくなった

白羽の矢が立った同じくBeatsのFlex。後継機種の位置付けというのもあり対して調べず購入

落とし穴

ウィングチップが付属してない!! Xに付属してたウィングチップ!!

ウィングチップ!!

耳の形によると思うけど、ウィングチップが無いと走ってる時に落ちてしまう

これは盲点だった。Xのは付けられなかったし…

なので捜索中。

Beats Flexに装着出来るウィングチップ


WP『Bones』強制変換

長年使わせていただいてるWPテーマ「Bones」

過去のPOSTを眺めてたら、え!!

“今年もよろしくお願いいたし〼”

“固形燃料とかアルコールとかに向かい〼”

〼?

〼?

そんな粋な変換したっけか。粋なのかもよくわかりませんが..

他のも読んだら見事に全て”ます”が”〼”に全強制変換されてるし、管理画面から編集しても治らない…

〼多用のちょっと曲者っぽい感じ滲んじゃってるじゃないですか

調べたら3-4年ぐらい前にみなさん困ってたみたいでw

同じ症状を修正して記してくれてる人がいました!!

『Bones』テーマで「ます」が「〼」に文字化けするのを解決する方法

ありがたや!! イヤなので久々にcssいじりました。

この通りにtypography.scssから当該箇所をコメントアウト。何のためのコードだったんだろうか

とりあえず曲者感は弱まりました

 


OLICAMP micro stove / EVERNEW Mug

画像2

登山用に自分にとってミニマムなクッカー&ストーブセットを考えてましたが遂に購入

そもそも料理出来ないので食事は山小屋かカップラーメン&アルファ米

あとコーヒー飲めればOK

JETBOIL minimo 背負ってましたが、お湯沸かすだけの目的の為にしては大きいし重い

ちょっとでも料理しようと思ったら装備しよう

 

選んだ基準

1.なるべく小さく軽く

2.ひとり分のカップラーメンを作る湯量を沸かせる事

3.OD缶とストーブが入るクッカー。というよりポット

4.お湯が注ぎやすい事

 

この3つの基準を満たし選ばれたのが

OLICAMP micro stoveEVERNEW 500ML Titanium Mug

両方とも国内では入手困難ですが米AmazonでStockしてたので購入!!

両方合わせて送料込み💲105程でした。日本で買うより安いかと

まず極小ストーブのOLICAMP micro stove

画像6

サイズ
使用時:75mm x 68mm
収納時:52mm x 32mm
重量 本体:45g
素材:チタン
出力:約2200kcal

なんだこの小ささ。なんと45g

金色とシルバーとメタリックスカイブルーの配色がかっこいいんです
もちろんお湯湧きました。火力も十分です

着火装置が付いてないので100円ライターで良いですがスターターが予備含めて必要なのと

風防が全く無いので風には弱そう(収納サイズをとったら仕方ない)

ウィンドシールドは買わないとかな。

OPTIMUSのこれとか? ちょっと重いから他あたり中

 

湯沸かしポットはEVERNEW 500ML Titanium Mug

画像5

容量:550ml
重量:75g
サイズ:直径9.7cm×深さ8.7cm
素材 チタニウム

自分にとって必要な湯量を考える

カップヌードル 300ml
ペヤング 480ml
赤いきつね 410ml
アルファ米 200ml
コーヒー,味噌汁 150ml

ペヤングがどうしても食べたくなったとしても500mlあれば安心

110OD缶を逆さにすると底面の窪みにmicro stoveが余裕で入ります。

折り畳みのカトラリーやライターorスターター入るかも?

淵の窪みわかりますか?これの有無が大きい!! JETBOILにはこれが無いのでお湯が注ぎ辛い… コーヒー淹れる時なんか特に大事

画像3

確かに赤が気になったのでこれ見つけて変色させてシリコンチューブも取りました

 

もっと軽くしたい。となればUL系求めてスノーピークのシングルマグ450と固形燃料とかアルコールとかに向かいます

購入したEVERNEWのMugの底面にハマるアルコールストーブも気になるところw

でも今はこのセット

 

 


AFL Mini Sanifier

17畳の空間をこのコンパクトさで!?

しかもフィルター交換不要!?

NASAの技術を元に開発された空気清浄機「AFL Mini Sanifier」

宇宙関連のモノ以外に”NASA”って表記されると何故かチープに見えてしまう

チープなんだけどシルバーのタイプとかディズニーランドのスターツアーズっぽくて何とも愛らしいw

効果が本物なら即買いなんですが…

誰かのレビュー待ち…